人気ブログランキング |

偽善を評価したい

偽善がバッシングされる風潮を感じる。
例えば24時間テレビ、例えば著名人の寄付、例えば山口組のハロウィンイベント。
ただ、偽とは言え、社会的に善と感じられる行為を行なっている事は事実であり、それ自体を否定する事は不毛だと思う。
寧ろ偽善が好感度を得るための手段として目立ってしまうほどに、社会が乾いているという事でもあり、足を引っ張るくらいなら高め合って張り合っていく事の方が有意義なのではないだろうか。余ったお金をむやみに消費させる金持ち相手のビジネスに溶かしてしまうくらいなら、競い合って偽善を行なった方が余程社会の為になる気がする。

上記を踏まえて、積極的に偽善を評価し合う仕組みを作ったらどうだろうか。
赤い羽根や青い羽根のような目に見える形で善意を競い合うものも良いけれど、もっと標準化された善意を自慢できる仕組みが欲しい。企業や著名人はWEBサイトに偽善履歴を掲示し、偽善レベルが一定水準を超える度にランクアップしたりするのもいい。偽善ポイントを稼ぐための政府公認のクラウドファンディングのようなサイトを作り、審査を通った信頼のおける偽善を列挙、参加した事で得られた評価が社会的な評価とリンクするまでになればより良い。
ぷちぷちを潰すような感覚でどんどん偽善を積み重ねる快感。それにより社会システムの歪みで苦しんでいる人の環境がどんどん改善し、自らも社会的に評価を得る事ができる。それこそがWinWinな社会だと思う。



by uskpn | 2020-06-14 00:32 | 社会 | Comments(0)