人気ブログランキング |

ギャンブルは公営も含めて全て禁止、代わりに、自分にBETするタイプのギャンブルは推奨..

そもそもギャンブルが良いのか悪いのかという事を考えた時、失われるものの大きさと、後に残されたもの、そこに要される時間を考えた時に、それにより不幸になる人がいるのであればない方がいいし、それでも人に迷惑を掛けずに幸せでいられる人がいるのであればあっても良いという感じ。
ただ、人の本能のエラーに付け込んで多くのケースで資産を必要以上に吸い上げる、非生産的なギャンブルという娯楽は個人的には不要だと思う。
それを無くそうというのは簡単だけど、ギャンブルの面白さを生産性に繋げる事ができれば、評価はまた違ってくると思う。
虚無を生み出すギャンブルは公営も含めて全て禁止。代わりに、自分にBETするタイプのギャンブルは大いに推奨すればいいと思う。自分にBETするタイプのギャンブルでは負けても後に残るものがある。ギャンブルの種類は格闘技や陸上競技、書道や絵画など多岐に渡る。それにより今の社会では食えない画家でも、全国のギャンブル場を渡り歩けば稼ぎを得る事ができる.. かもしれない、というのもギャンブル。勝ち続ければ倍率が下がってくるので、また違うジャンルのギャンブルに参戦する事になり、次々とスキルを獲得する事もできる。取り分や倍率はBET総額も考慮して計算する形にすれば、単に高額をBETすれば買った時に無尽蔵に利益が得られるという事でもなくなり、周りにスポンサーが付いて過剰にエスカレートするといった事も起こりにくくなるように思う。あとは能力のない人間でも勝てる可能性を得られるよう、ハンデなど.. 多少のギャンブル性も追加すれば。

by uskpn | 2020-06-29 22:33 | 社会 | Comments(0)