人気ブログランキング |

優生思想とヒトラー

最近ネットニュースなどで優生思想に関する記事を目にする事が多くなった。
そもそも、農業や競走馬の分野などでは当然のように取り入れられている優生学が、人間に対しては突然禁忌になってしまう。それは当然の事で、人間は他の動植物に対して十分に脅威となり得る力を身に付けていて、これ以上個々が優秀になる必要性が薄く、個々の幸福を追求するフェーズに移行しているからだと思う。もちろん、国家間の諍いは残るものの、多くの国家間で、お互いに倫理観を共有して、最低限のルールを共有し合うくらいの状況は保てていて、そんな中で優先すべきは、唐突に駆除されたり、豊かに生きる権利を奪われてしまうような状況を避ける事であり、国家のポテンシャルを最大限に引き出す事はその次で十分というのが建前。(ただ、実際には、学歴や収入によるクラスターがあり、その中での同調圧などでやんわりと優生思想を押し付けられる事は往々にしてあるように思う)
そして、優生思想と同時に語られるのがヒトラーの政策。実際に起こってしまった最悪の顛末としてのニュアンスはあるものの、それを匂わせる要素があれば取り敢えず「ヒトラー」と言っておけば悪に変わる.. という安易な使われ方をしている事も多いように思う。そもそもヒトラーが勝ち続けて世界を制していたらヒトラーの思想が人間社会における強者の論理として主流になってしまっただろうし、実際に明らかに非人道的な軍隊という組織が未だに世界から無くならないのは、軍隊の力を行使して勝った国の論理が維持されているからだと思う。
ヒトラーを無条件に悪を認定する魔法の言葉にする事なく、なぜ悪いのかという事に正面から向き合って、フラットに答えを導き出していかないと、勝ったから正しい.. 負けたから悪い.. という、本質から逸れた目眩し的な論理に流されてしまう危険性もあるように思う。
人間に対する優生思想は良くない。それは、唐突に駆除されたり、豊かに生きる権利を奪われてしまう事が嫌だからで、そんな事をしなくても、人間は十分に動植物に対抗してゆける社会性や技術力を身に付けているからであって、ヒトラーと同じ考え方だからではない。

by uskpn | 2020-07-27 02:50 | 社会 | Comments(0)

これは全ての人、全ての国に言える事かと思うけど、自国の利益を追求する前に、小説でも、漫画でも、映画でもいい、全国民が他国の国民と入れ替わった結果を想像してみたらいいと思う。
by uskpn | 2020-07-27 00:46 | 社会 | Comments(0)

職場に異業種で30年ほどデザイン経験を積んだ新人が入ってきて半年。手を掛けて色々と教えているにも関わらず中々成長した姿を見せてくれないので、どうしたものかと思っていたところ、先日ふとした会話の中から原因の一旦が見えた気がした。
驚いたのは、当初から注意していたにも関わらず、未だに基礎的な勉強に手を付けず、応用ばかりをやっていたという事。結果、基礎的なソフトの機能や操作の知識が欠落しているので、効率の悪い作業を繰り返していて、応用ばかりをやっているので、一見派手なデザインができる反面、そこから外れたものを要求されると行き詰まってしまう。応用ばかりを積極的に取り込んでいった結果、逆に応用が利かなくなってしまっているというパラドックスがそこにあるような気がした。
最近ようやく基礎の大切さに気付いて後戻りをしてくれているものの、既に半年間、できる事とできない事のムラがあり過ぎて仕事を頼み難い状況が続いていて、更に、これから先の学びを待たなければいけない状況も継続.. 大分無駄が生まれてしまったように思う。
ずーーっと長い目で見たらそちらの方が結果的に伸びたとしても、会社としてこれ以上待つわけにもいかず、やはり早い段階で基礎をしっかりと学び直して欲しかったというのが正直なところ。パクリで培った技術をパクリで補っているのではいつまでもムラが残ってしまう。得意な表現だけで勝負ができる現場であればそれでも良いかもしれないけれど、多様な表現が求められる現場ではそれも通用しない。
基礎がきちんと身に付いていれば、技術的なシーズにも積極的に気付く事ができるし、応用をより深く理解する事ができ、オリジナリティのある応用を自ら生み出す事もできる。手っ取り早く派手な事ができるようになるのも時には必要かもしれないけれど、やはり長い目で見たら基礎は大事。

by uskpn | 2020-07-27 00:35 | デザイン | Comments(0)

意識的に見過ぎているせいかもしれないけど、Twitterなどで、特に政治的主張を度々行っているアカウントを見ていると、特定の主張に積極的にいいねやリツイートを行なっていて、(それが長い目で見た時には一貫した主張になっていなかったとしても)支持している団体の追い風となる意見は積極的に推して、そうでない意見は積極的に叩くという、何か快楽や安心を得るための条件反射的な行為を繰り返しているようにも見える。それらは、それをさらに俯瞰で評論するサイト上で、大きく右と左に分けて論じられる事が多い。それが世論のうねりを利用した政治的な勢力闘争であるとしても、それに参加している人達は、本当に何の疑問も感じずにいいねを押し続けているのだろうかと思う。(反面、流れの上流にいる人達はしっかりと意見が割れていて、同じ派閥内でも殴り合っているようにも見える)
一旦、政治の切り口として、大きなうねりがどこにあるのかを考えてみたいと思う。

一つは、国家など領地的帰属意識によるクラスター。自国への帰属意識によるものだけではなく、他国からの統治権への干渉を目的としたクラスターも存在する。時には市民の心に染み入るような心地良い主張を奏で、時には自国にとって都合の良い政策を垣間見せる。
一つは、民族など歴史的帰属意識によるクラスター。深い部分での連帯感と、元々は国家などの領地的帰属意識によるクラスターを形成していた名残がある事もあり、独自の政治観から現在所属している国家との対立を生む事もある。
一つは、宗教や食や生活スタイルなどによる哲学的帰属意識によるクラスター。原則として理念に基づいた主張を抱いているものの、政治そのものに関しては妥協できる点も多く、自身を活かしてくれるクラスターと結び付いて立場を変える事もできる。
一つは、人種・性別・年代・障害の有無など身体的帰属意識によるクラスター。容易に変えることのできない立場の違いによる価値観の齟齬を抱いており、特定の立場に有利なシステムの中に共存している事による政治的な不満はあるものの、そこから外れた政策に関して一貫した主張はない。
一つは、所得・立場・職業などポジション的帰属意識によるクラスター。身体的帰属意識によるクラスターと似通った特徴があるものの、自身のアクションやタイミングによりポジションが変化する場合もある。

それらは、複雑に絡み合い、利用し合いながら、政党政治の中に息衝いている。どの政党がどのクラスターを支援しているという明確な区別もなく、ただ、はっきりと言えることは、政治家は全員が政治家というポジション的帰属意識に属しており、多くが国家という領地的帰属意識と大和民族という歴史的帰属意識に属している。そんな中から生み出された政策や論調に対して、支持している団体の総意と一致し続ける事などあるだろうか。特に右系とされる、自民党寄りの政党は細かな点で意見が異なるものの、領地的帰属意識や歴史的帰属意識による政策においては、意見が一致する事が多いように思える。民主党系は明確に左系と言えるほどには右系と立ち位置が変わらないものの、同じ政策では敵わないので、哲学的帰属意識・身体的帰属意識・ポジション的帰属意識による政策も強調して共感を集めているように思える。特に左系と思わせるのは領地的帰属意識の異なる集団。日本ではアメリカやイギリスにシンパシーを感じる事ができるのが右系、中国やロシアにシンパシーを感じる事ができるのが左系という括りになっているように感じる。ただ、それだけでは大きな支持を得る事ができないので、特に左系を思わせる集団は、右系が取りこぼしがちな哲学的帰属意識・身体的帰属意識・ポジション的帰属意識を入念に拾い集めているように思える。それが、偽善が叩かれる理由にも繋がっていて、例えば反原発は左翼的思想だから右翼は原発を推進するべきだ.. など、モラルを歪める原因にもなっていると感じる。

踏まえて、Twitterでの偏ったいいねやリツイートを鑑みた時に、そのいいねは、支持している団体の戦略に踊らされたものではないですか?と思うと、複雑な心境になるのだと思う。

by uskpn | 2020-07-18 03:50 | 社会 | Comments(0)

共通の敵を作る事で一体感を生み出して、小さな情動を大きなうねりに変えるという事は分かるけれど、最近目に付くのが、高齢者を想定敵とした世代間ギャップ、夫を想定敵とした立場間ギャップなどを作り出して(明確化して)埋める事を目的とした扇動など、具体的な事例を出して共感に潜り込ませる形でモラルや権利を主張するもの。特に、頻発している事例ではなく、レアケースであったりするにも関わらず、状況分析もなされないままに一方的な視点からの主張のみで決め付けによる扇動が行われているケースもあり、そういった扇動に安易に乗る事自体へのモラルも問われるべきではないかと感じる。
その際、利用されるのが想定敵。そこには確実に血が流されていて、それにより傷付いている人がいる。それ以上に扇動により生み出された共感の渦は強大で、うねりをもって想定敵となった当事者を捻り潰す。そこに、何か陰湿なものを感じてしまうので、本来の主張そのものは理解ができるのに、全面的に賛同できないという事もある。(自分自身、知らず知らずのうちにそういった事をしてしまっているかもしれないけれど..)
かといって、共通の敵を作らずにバズるというのも、難しいのかもしれない。では、どうすれば良いのか。影響力(権力)のある人間が、数字をもって、改善の必要があると認識して、行動に移せば良いと思う。まずは、そういった事例を集める場が必要。それがないから、陰湿なバズに頼るしかないのかもしれないし、逆に、バズる事すらできない人は埋もれてしまうかもしれない。きっかけは事例でもいい。ただ、そこに続く大きなうねりには、実態が必要だし、数字の裏付けがなくてはいけない。
例えば、痴漢の被害報告があったとしても、それは主観の一つでしかなく、社会的な実態とイコールではない。それを数値化するために「痴漢レーダー」というアプリが開発された.. そういう流れは建設的で良いと思う。ただ、数字は捏造される事もあるし、切り取り方によって異なる姿を見せる事もある。そういった事にも留意した上で、適切に実態を切り取って、影響力(権力)のある人間に示す事ができれば、特定の誰かを必要以上に傷付ける必要はないと思う。

by uskpn | 2020-07-12 02:33 | 社会 | Comments(0)

素直なセールス

仕事柄広告などを作ることもあるけれど、同程度の価値を持った製品やサービスに対して、ブランド力という価値を付与する事ができたとしても、そのものの本質的な満足度を高める事はできない。
トップセールスマンがバリバリ物やサービスを売ったとしても、それは強引に売り抜けたのであって、本質的な満足度を提供できているとは言えないと思う。
例えば、良い物は徹底的に良い事をアピールすれば良い。同等であれば、付加価値を付けるか、より近くに寄り添って売れば良い。劣るのであれば、それを素直に認めて、同等のケース以上に付加価値を検討したり、価格を見直したり、根本的に使用シーンを見直すなどの必要もあると思う。何れにしても、戦線にいる人が後ろめたさを感じずに、胸を張って売れる、素直なセールスができる製品やサービスが、本当に良いものであると言えると思う。

by uskpn | 2020-07-12 01:51 | 社会 | Comments(0)

NHK受信料関連の色々な動きを目にするけれど、個人的には決まっている事であれば足並みを揃えて払うべきだと思っているし、払うなら払う、払わないなら払わないで統一してくれればいい。
ただ、今は情報の発信手段が多様化してきているので、昔の感覚で決められたルールは徐々に変わっていく必要があるようにも思う。
そういった価値観の移り変わりはあるとしても、やはり払う側にとって気になるのはその使い道。NHKにはいくつかの重要な役割があると思う。一つは、スポンサーに左右されない公平な情報を発信する事。「NHKの番組で言っている事は間違いない」という信頼感。もう一つは、国民が共有すべき価値観を適切に提供する事。「NHKの番組を見ていれば社会的感覚からズレる事はない」という安心感。もう一つは、一時的な需要に流される事なく、長期的視点を持って世界水準の映像コンテンツを作り続け、それに関わる技術者や演者の技能水準と生活を守る事。「NHKの番組が守ってくれているから大丈夫」という依存感。そこに納得のいく結果があって、適切に運営されていれば、今以上に理解を得られるのではないかと思う。
それでは何故、こんなにも反発を招いているのか。単に払わなくていいものは払いたくないという気持ちがあるのと、払っているという事を強く意識させられる徴収形態であるというのもあるけれど、やはり、よく言われている職員の給料や社屋の費用などに加えて、必要以上に番組作りにお金を使っているように見える.. というのも大きいと思う。そこに、予算に合わせた動き方をしているという問題はないだろうか。
予算がなければないなりにやれる事もある。にも関わらず、予算があると、予算の範囲内で必要以上の事までしてしまう。それがはっきりと見て取れるので、投資するに値しない事業であると思われてしまうのだと思う。まずは、胸を張って、「我々は必要であり、適切である」という事を示せるよう、細かな事まで全ての在り方を見直す必要があると思う。その上で、余った予算は無理に使い切らず、受信料の請求額を見直したり、番組の作成量や放送時間を見直したり、理解の得られる事業計画(例えば、緊急時の報道体制を守るための、民間も利用ができる独自のドローンネットワークの構築など)に投資したり、予算ありきではなく、必要に応じた事業運営を行っていけば良いのではないかと思う。

by uskpn | 2020-07-12 01:19 | 社会 | Comments(0)

世の中のほとんどの事は内輪で形成されている。そして、内輪で起こったほとんどの問題に対して法律が介入する事はない。多くの場合、法律は執行される事のない抑止力であって、多くの場合、問題は当事者間において消化される。
そもそも人間以外の生き物は法律などに支配されてはいない。原則として、食べたいものを食べ、寝たい時に寝て、時には命を奪い合うような激しい争いをする事もあるけれど、それを法律が咎めるような事はない。それでも、集団で生きる生き物には、集団で生きるためのモラルがある。ただ、それらは本能の一部であって、法律のように一朝一夕に作り変えられるものではない。
人間の生活は日々激しく変わり続ける。命を守るための手段も多様化し、奪うための手段も多様化する。便利さの反面、思いもよらぬ弊害が起こったり、社会構造が大きく変わったりする。
それだけ社会が大きく変わり続ければ、モラルも猛烈な勢いで変わり続けなければいけない。それらは最初は個人間の水掛け論から始まり、需要が高まり、共感が強まると社会的な大きなうねりとなり、国を動かし、法律という形で社会全体に絶対的な影響を与える形で固定化される。法律は強大な暴力によって守られ、従わない者は力づくでねじ伏せられる。ただ、その力はそう簡単には行使されない。多くの場合、問題は内輪で消化される。内輪では最も力の強い者がルールとなり、独自に形成されたモラルによって解決が図られる。社会が多様化しているのと同様、モラルも多様化していいと思う反面、力の強い者に都合の良いモラルは時に暴力的なまでの偏りを産み、それが当事者間ではとても解決仕切れない軋轢となった時に、いよいよ強大な暴力に守られた法律が(時にマネーのハンドサインを形作りながら)介入する事になる。ただ、法律は社会の変化に柔軟に対応できるほど軟派な存在ではなく、よほどの大ごとでもない限り簡単には重い腰を上げる事はないし、一度決めてしまった事に関して簡単に方針を転換する事もない。法律は最終手段であって、やはり手早に身の回りの問題を解決する指針となるのはモラルであり、それこそが、より原始的で本質的な社会そのものであると思う。
大局で醸成されたモラルと、局所で形成されたモラルとの鬩ぎ合い、簡単には相容れない前提の違いがある場合もあり、特にネットなどでは論争が起きやすいのだと思う。それが、モラルの新陳代謝を早め、社会の過激な進化への適応を図る手段として機能しているのと同時に、啓蒙活動が過剰になり過ぎて、火の粉を撒き散らしてしまう事もある。社会はモラル醸成の場を求めている。けれど、それが市街戦になってはいけないという事も分かっている。であれば、作ってしまうというのはどうだろうか。モラル番長を自称するモラリスト達が様々な価値の定まっていない事象に対して、本来あるべき形を示し、それらの是非を参加者が支持によって表明する。意見を出すのに名乗りなど不要、先入観を排除する意味でも匿名大歓迎の中で様々な意見を戦わせ、醸成させて、時代に合った究極のモラルを作り出す聖戦の場。公式に、そのようなものがあっても良いように思う。
そして、そうして作り出された様々なモラルを周知する存在がいてもいいと思う。法律は複雑な手続きを経て執行される。そこには多くの労力と金銭が消費される。内輪の中で執行されるモラルはもっと単純な構造で成り立っている。最も力の強い者がルールを制するという単純な構造。クラスを仕切るのは頭のいい者でも、スポーツができる者でもない、暴力を躊躇なく行使する事ができる理不尽な存在である事が多い。その理不尽な存在が、皆に支持されるモラルを守るために力を行使するとしたら、その手段が多少理不尽であったとしても、ヒーローと呼ばれる存在になれるのではないだろうか。警察や弁護士など、法を守るための存在に加えて、内輪にも口出しをしてくれる、モラルを守る番人のような存在。ヤクザはまさにそのプロフェッショナルのような存在であって、解体した先に就く仕事がないのであれば、モラリストになって頂き、警察の介入できないような細かな問題で本領発揮して頂くのも良いのではないだろうか。

by uskpn | 2020-07-06 23:53 | 社会 | Comments(0)

都知事選を見ていて、お金を配るとか、財源はなんだとか、その前に一度現状のお金の流れを整理してみたいと思う。
取り敢えず、違法薬物や詐欺の類は徹底的に対策を行ってゼロにしたらいいと思う。他にも、酒類提供飲食店は原則前金制にして、追加料金を制限するなど、酩酊状態で判断のできない人間からの金銭搾取を制限。性風俗関連特殊営業の監視強化と制限。個人間取引を仲介する事業者に対して、全ての取引金額の把握と代替納税を義務化などなど.. 諸々。逆に、都内宛の荷物の送料を補助.. など.. 細かなお金の流れを整理するだけでも、スッキリすると思う。

by uskpn | 2020-07-02 23:41 | 社会 | Comments(0)